ローンの借り入れ法式と返済方式

ローンの借入と返済初めてカードローンを利用してお金を借りた時に、毎月返済しているのになかなか返済が終わらないので、うんざりしたことがあります。その頃はローンの仕組みとかよく知らないまま借りていたからなんですけどね。金利比較もしませんでしたし、返済方式とかその他のことも全く調べずに借りていました。その後、いろいろと調べてローンのことがだんだんわかるようになって、おかげさまで今はその頃よりはちょっと賢くなりました。お金を借りる前には最低限知っておきたいことってありますよね。

たとえば借り入れ方式。お金を借り入れるときの借り入れ方式には、契約するときに借入額と返済期間、返済方式をあらかじめ決めて、新たに資金を必要とするときには、その都度契約を行い条件を決めて借りるという方法と、契約の時に借入限度決め、その限度内で必要になったらその都度新規で借りられるという方式があります。後者は、リボルビング方式と呼ばれていて、カードローンやクレジットカードは、この方式で支払いをしますね。

管理人オススメのサイト→専業主婦が内緒でカードローンを利用する方法※即日融資OK!

上記のサイトは主婦でも借りれる銀行カードローンが詳しく紹介されています!

返済方式には元利均等方式と元金均等方式があります。元利均等方式は、原則、毎月の元金返済分と利息返済分を加えた返済額が、完済まで毎月同額になります。教育ローンやフリーローンなどにこの方式が採用されていますね。一方、元金均等方式は、毎月の元金返済分を同額に分割して、利息を上乗せして返済する方式です。ですから、毎月の利息分を加えた返済額は、徐々に減っていきます。元金均等方式だと、当初の返済が多くなるのですが、利息の支払総額は少なくなるというメリットがあります。一方、元金均等方式は、毎月の返済額が一定なので、将来の返済計画の見通しが立てやすいのですが、利息の支払総額は元利返済方式よりも多くなってしまいます。住宅ローンの返済の時に返済方法を選びますが、家計の収支状況を考慮したうえで無理なく返済できるほうを選んでください。

また、多くの消費者金融では、残高スライドリボルビングとう支払い方式を採用しています。この方式は、借入残高が多ければ返済額も多くなり、残高が少なくなると返済額も少なくなるというものです。ただし、元金に充てられる分がいつも少ないので、最低金額だけ返済していると元金部分がなかなか減りません。それで、お金に余裕があるときは少し多めに返済したほうが、早く借金から解放されていいと思いますよ。

このページの先頭へ