企業の経営統合について

KADOKAWAとドワンゴが経営統合するというニュースが流れていました。

経営統合ってよくニュースで聞く言葉ですよね。経営統合というのは合併とちがうのかな?と思い調べてみたら、経営統合の中に「合併」、「持株会社」、「子会社化」、「提携」というのがあるのがわかりました。

まず、「合併」は2つ以上の会社が1つになることで、経営統合の中では最も結びつきが強くなります。合併には「新設合併」と「吸収合併」があって、「吸収合併」は合併の当事者となる会社のうちの一つの会社を存続会社として残し、消滅したほうの会社の権利義務も継承します。「新設合併」の場合だと、合併の当事者となる各会社が解散して、新たに会社を設立し、新たに設立された会社が各会社の権利義務を継承します。

企業の経営統合「持株会社」方式は、株式を所有して傘下企業の経営を支配し、グループ全体の経営計画立案などに携わる「持ち株会社」を設立する方法です。KADOKAWAとドワンゴの経営統合もこの方式で、持ち株会社を設立し両社がその傘下に入るそうです。

「持株会社」方式の場合は、持ち株会社が、事業に関する権限を傘下の企業に委譲します。それで、持ち株会社は企業グループ全体に関わる意思決定だけをするので、スピードを要する戦略を展開しやすくなるというメリットがあります。

「子会社化」は、ある企業が、別の企業の株式を50%以上保有することです。あるいは、株式の保有が50%に達していなくても、取締役を多数送り込んで実質的に支配しても子会社化することができます。また、別の企業の株式を100%保有した場合は、完全子会社化といいます。

と、ここでまた、疑問が。「吸収合併」と「完全子会社化」ってどう違うのかな・・・と思いさらに調べてみると、違いの一つは、ある企業を「完全子会社化」した場合、親会社は子会社化した会社の債権者に対し、直接債務を負担する義務はないのですが、「吸収合併」では、吸収された会社の債権者に対し、直接債務を負担することになるそうです。

「提携」には資本提携と業務提携があります。資本提携の場合は、お互いが数パーセントの株を持ち合って安定した取引を目指し、業務提携は、技術提携や販売提携、生産分担などを通して複数の企業が協力して事業を行います。経営統合の中では一番結びつきが緩い関係ですね。

このページの先頭へ