銀行の選び方について

銀行の選び方皆さんは銀行を何行利用していますか?ふつうはメインバンク1つとサブバンクが1つという感じかもしれません。あるいは、使い道によって口座を別々にしているため、もっと多くの銀行と取引があるかもしれませんね。

メインバンクというのは、給料の振込口座給与振込や公共料金支払い、クレジットカード決済などに使います。メインバンクはお金の出し入れが多いので、ATM手数料や振込みなどの各種手数料が無料か安いところを選ぶ必要があります。

サブバンクは投資や定期預金の資産運用に使う方が多いと思います。定期預金の金利が高いのはネットバンクですね。たとえば、あおぞら銀行インターネット支店やじぶん銀行、住信SBI銀行などの銀行は、店舗のある銀行よりも定期預金の金利が高くなっています。

ネットバンクをメインバンクにすることもできますが、その時は公共料金の引き落としができるかどうか確認してください。また、ネット専業銀行の場合は、提携ATMで出入金をすることになりますが、その際に手数料はどのくらいかかるか確認してください。たとえば、じぶん銀行なら入金は0円ですが、出金は月3回まで無料で4回目からは108円かかります。楽天銀行は3万円未満の入金は手数料が216円~270円、3万円以上の入金は無料です。また、ハッピープログラムを利用すれば、月最大7回まで手数料が無料になります。

それからメインバンクとサブバンクを選ぶ場合は、2行の間でも利用しやすいか確認してください。たとえば、イオン銀行のカードは三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行でも使用でき、平日は手数料無料です。また、三菱東京UFJ銀行からイオン銀行に振り込む場合は、手数料は108円ですが他行に振り込む場合は、324円かかります。

また、FXによる投資を考えている方なら、利用するFX業者がどの銀行と提携しているかを確認することも必要ですね。

このページの先頭へ