経済のグローバル化のメリットとデメリット

「グローバル化」とは、人や国の世界的な相互依存関係の進展をさす言葉で科学技術の長足の進歩によって、成し遂げられてきました。

「グローバル化」によって、貿易障壁は低くなり,世界の主要な金融市場も統合されるようになってきました。 「グローバル化」には良い面もあれば悪い面もあります。

良い面といえば、グローバル化の結果として、経済が急速に繁栄したことです。現在では、世界の平均的な家族は、50年前の3倍の収入を得ているということです。

また、グローバル化によって経済統合が行われると、諸国家の戦意が低下するという人もいます。 だだ、「グローバル化」によって貧富の差がますます拡大しているというマイナス面もあります。「グローバル化」によって世界全体の富は確かに増加しているのですが、以前よりも少数の国の少数の人々に富が集中するようになっています。

たとえば、2014年のフォーブスの統計によれば、資産10億ドル以上の億万長者は1,645人で、純資産合計は日本円で約640兆円にもなっています。一方、世界中で30億人の人が1日2㌦以下で暮らしているといわれています。

また、先進国は発展途上国の安い労働力を利用して、多くの利益を上げますが、発展途上国の労働者はいつまでたっても低賃金で働かざるを得ず、先進国に依存する経済運営から抜け出すことができません。また、どこの国においても、世界的な合併と激しい競争によって企業が経営の合理化を迫られると、従業員は解雇されたり、給料が減らされたりして個人の生活は、苦しくなります。

また、投資家が、多額の資金を発展途上国に投資した後、経済の悪化が懸念されるようになると、急に資金を回収するということがありますが、そのような大掛かりな回収により、複数の国が次々と経済危機にみまわれ、多くの失業者が出ます。

堅い記事の内容になってしまったのでここで少しだけ私のお金にまつわる体験談を紹介させていただきます^^

私が初めてクレジットカードを作ったのは社会人になったときです。どうしても欲しいものがあって前払いできる現金もなかったので作ることにしました。

クレジットカードを作るには審査が必要なので、申し込む前に念入りに審査についてチェックしました!その時参考になったサイトが下記になります。

参考サイトはこちら→クレジットカードの審査に落ちる原因が紹介されているサイト

このサイト、クレジットカード以外にもカードローンの事とか色々紹介しているので私的にはかなり役立ちました!

無事にクレジットカードを持てて良かったです^^

話がそれたのでまたグローバル化の話に戻したいと思います。

「グローバル化」にはメカニズムだけでなく、グローバルな倫理観も必要で、それが無ければ、隣国との摩擦や問題はますます増えていくと指摘する人たちもいるということです。

 

このページの先頭へ